若年者のニートに関する就職のアドバイス

学歴をしっかりアピールする事が重要である

 年齢が若いニートに関して、職務の経歴で他の応募者と比較する場合は不利なので、学歴の部分をしっかりアピールする事が大事です。25歳ぐらいまでのニートが就職活動を行う際、大学を出ているならば、履歴書の学歴の欄に卒論や研究のテーマを一言だけ添えるとかなり印象が良くなります。また、在学中に留学の経験があった場合は、海外の学校を記載して、勉強した事を具体的に面接でアピールする事も良いです。

 

ブランクについては具体的な理由が必要である

 ニートの期間は、企業側にとってブランクとみなされます。卒業した後のブランクに関しては、資格取得や積極的な行動を行った内容などを面接でアピールする事が大切です。注意する事として、応募先の仕事につながるように資格取得や行動などを具体的に述べる事です。ブランクの期間に関して、遊んでいたなどの無意味な時間を過ごした事を言及する事は禁物です。

 

ありのままの自分をアピールする

 最近では人手不足の傾向で、ニートであるからと言って、企業側はむしろ働く意欲のあるニートを採用したがっている傾向です。重要な事は、就職活動までの経歴を気にせずに、働きたいという意欲を具体的に示す事です。志望理由を踏まえて、自分の特有の長所を活用して、会社に貢献できる事をアピールする気持ちが大切です。