フリーターから正社員への就職は覚悟が必要!

なぜフリーターという働き方を選んだかを明確に

 今の時代はどの会社も余裕がありません。新しく社員を雇用するからには即戦力の人物か将来が有望と感じられる人物を採用します。フリーターの方が面接に来られた場合、必ず聞かれると言っても過言では無いです。

 

 真面目にフリターとして働いていたとしても、今の社会ではフリーターという働き方は正職にもつかずに何をしていたのかという考え方がまだ蔓延っていると覚悟して下さい。やりたい事があってその目標に向かう為自由に使える時間が欲しかったなどプラスに受け止められる理由が必要です。

 

フリーター時代に目に見える実績を獲得しておく

 正社員となると会社に良くも悪くも縛られるものです。就業時間のあとにも付き合いや接待などがあるのも円滑に人間関係を築く為にも必要となってきます。資格試験などの取得を目指している人などはそのような付き合いや残業などがあり、勉強時間が満足に取れない可能性もあります。

 

 その点フリーターは縛りはなく働き方に自由が利くので、勉強時間の確保はしやすいです。正社員からの転職の方と採用に向け戦うには武器が必要で、資格や技術の免許など自分の価値を高めてくれる目に見える武器を確保して置く事で就職に有利に働く事になります。